インキュベーションによってファンドが作られる

Posted on 10月 5th, 2014 by admin

日本国内を含め、世界には多くの投資信託というものが存在しています。その種類の一つとして、常に純利益を求めるヘッジファンドというものがあります。ここでは、このヘッジファンドの設立がどのようにして行なわれるのか、ということについて考えていきたいと思います。

ヘッジファンドの設立というのは、インキュベーションという投資活動によって行なわれる事が多くあります。これは金融機関などがヘッジファンド設立のために必要なものを揃えることで、実際に自分達の配下としてのヘッジファンドを作り上げることを言います。

具体的にはまずシード資金と呼ばれるものが必要となります。ヘッジファンドは実力主義のファンドである以上、実績がない場所に投資を行ってくれる人というのは極少数であり、いきなり投資を元にした資産運用を行うことは出来ません。そのため、まずは実績を作成するための資産運用の資金というものが必要となるわけです。これをシード資金と呼びます。

さらに、投資活動を行うために必要なインフラストラクチャーについてもインキュベーションとして取り揃えられることになります。ヘッジファンドのような高度な投資を行うためには、必要となるシステムも高度になります。

金融資産を増やすために知っておきたいこと

Categories: 投資情報

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>