Archive for 10月, 2014

  1. お金に好かれていますか?

    Posted on 10月 30th, 2014 by admin

    お金に好かれる人になるための努力をしていますか?お金も人と同じで、信頼の置ける人に集まってくるといいます。つまり、誠実な生活を送って、コツコツまじめに働くことでお金もちになれるのです。

    お金もちは、何もお金をたくさんもっていることだけを言いません。お金本来の価値も知らずに、ただただお金をつかっている人は、消費社会に飲み込まれただけにすぎません。本当のお金もちはお金の価値を理解して、流れを常に把握している人なのです。

    お金の価値は、需要と供給のバランスがとれているときに決まります。どちらか一方の力が強いだけでは、お金の価値は低くなるのです。そのお金の価値について取引されるのが市場です。中でも株式投資は、もっとも基本的な投資で、企業が発行した株を売買することで利益をてにすることができます。

    今では、少額から株式投資をすることができるので、無理せず投資をスタートすることができます。このようなメリットから、最近主婦やパート勤めの人にも株式投資が人気があるようです。不景気が続く中、市場には追い風が吹くのはこのような背景があるからなのでしょう。

    株式投資で、夢の生活を手にして明るい未来を叶えたいものです。

    投資のリスクについて学ぶならhttp://www.nmblifeguards.com/が人気のサイトです。

  2. インキュベーションによってファンドが作られる

    Posted on 10月 5th, 2014 by admin

    日本国内を含め、世界には多くの投資信託というものが存在しています。その種類の一つとして、常に純利益を求めるヘッジファンドというものがあります。ここでは、このヘッジファンドの設立がどのようにして行なわれるのか、ということについて考えていきたいと思います。

    ヘッジファンドの設立というのは、インキュベーションという投資活動によって行なわれる事が多くあります。これは金融機関などがヘッジファンド設立のために必要なものを揃えることで、実際に自分達の配下としてのヘッジファンドを作り上げることを言います。

    具体的にはまずシード資金と呼ばれるものが必要となります。ヘッジファンドは実力主義のファンドである以上、実績がない場所に投資を行ってくれる人というのは極少数であり、いきなり投資を元にした資産運用を行うことは出来ません。そのため、まずは実績を作成するための資産運用の資金というものが必要となるわけです。これをシード資金と呼びます。

    さらに、投資活動を行うために必要なインフラストラクチャーについてもインキュベーションとして取り揃えられることになります。ヘッジファンドのような高度な投資を行うためには、必要となるシステムも高度になります。

    金融資産を増やすために知っておきたいこと