Archive for 1月, 2015

  1. 長い目で見ると大きな違いがある

    Posted on 1月 16th, 2015 by admin

    単利と複利、言葉自体は聞いたことが有るかと思います。この二つというのは金利計算の方法なのですが、実際に利用したことがないという人にとっては、どういった違いがあり、どれぐらいの違いがあるのか、というのがピンとこないのではないでしょうか?実はこの単利と複利、文字にすれば1文字の違いですが、金額にするととんでもない大きな違いを生み出し得るのです。

    単利というのは、元金にのみ利息計算を行う方法です。100万円に10%単利であれば、1年後も2年後も常に10万円が利息となります。勿論、これでもお金は増えていくわけですが、あくまでも直線グラフで増えていくのが単利ということです。(勿論、投資を追加した場合はその分も金利計算に含まれます)

    複利というのは、元金と、発生した利息の合計に対して利息計算を行う方法です。100万円に10%複利の場合、1年目は110万円ですが、2年目にはこの10万円の利息を加えた110万円を計算対象とするため、11万円が利息となります。この計算方法の場合、投資期間が長くなるほどその差は大きくなっていきます。

    20年、30年と経った時、単利と複利とでは大きな差がが生まれることになるため、金利計算について知っておくと良いでしょう。