Archive for the ‘投資情報’ Category

  1. 地道に貯金することも大事

    Posted on 6月 15th, 2015 by admin

    お金というものはとても寂しがり屋という格言があります。お金は集まりたがる性質があり、小額だと出て行く一方なのですが、富を築けば自然とお金の方から懐に入っていくというものです。この言葉が本当ならば、お金をかき集めて少しでも出て行く金額を減らしたいものです。

    この言葉ですが、意外に間違っていないと投資家の間では言われています。小額の資金では投資の成功確率は非常に低くなるのですが、資金を集めた上で投資を行なえばリスクは下がって投資成功の確率が上がり資産はさらに増えていきます。この格言は資産運用の考え方を表しているのです。

    そう考えますと、単にお金をかき集めて貯金を行なうよりも、投資などに参加して増やしていく事の方が重要だと考えられます。しかし富が富を生み出すほどの資産を、ただかき集めるだけで用意できるとは思えないのが一般の人間だと思います。この解決法なのですが、計画性で補っていきたいところです。

    そこで、まとまった資産を集まるための資産運用を考えるべきだと思います。積立投資を信託で行なうことや、積立保険などを利用する事でまとまった貯金を作る方法を考えましょう。投資の一歩を生み出すためには、まずは貯金で地道に準備を行なう事が大事なのです。

  2. 長い目で見ると大きな違いがある

    Posted on 1月 16th, 2015 by admin

    単利と複利、言葉自体は聞いたことが有るかと思います。この二つというのは金利計算の方法なのですが、実際に利用したことがないという人にとっては、どういった違いがあり、どれぐらいの違いがあるのか、というのがピンとこないのではないでしょうか?実はこの単利と複利、文字にすれば1文字の違いですが、金額にするととんでもない大きな違いを生み出し得るのです。

    単利というのは、元金にのみ利息計算を行う方法です。100万円に10%単利であれば、1年後も2年後も常に10万円が利息となります。勿論、これでもお金は増えていくわけですが、あくまでも直線グラフで増えていくのが単利ということです。(勿論、投資を追加した場合はその分も金利計算に含まれます)

    複利というのは、元金と、発生した利息の合計に対して利息計算を行う方法です。100万円に10%複利の場合、1年目は110万円ですが、2年目にはこの10万円の利息を加えた110万円を計算対象とするため、11万円が利息となります。この計算方法の場合、投資期間が長くなるほどその差は大きくなっていきます。

    20年、30年と経った時、単利と複利とでは大きな差がが生まれることになるため、金利計算について知っておくと良いでしょう。

  3. 資産を上手に運用しよう!

    Posted on 12月 14th, 2014 by admin

    小さいころは単純に「お金もちになりたい!」という、漠然とした夢をもっていたという人もいるかもしれません。しかし、大人になって働きにでることで、身にしみてお金を稼ぐという大変さを感じているのではないでしょうか?

    一生懸命働いて、手に入れたお金のほとんどの使い道といえば「生活費」ですよね。家賃に食費、光熱費に車の維持費などなど、生活をするために必要なお金をあげればキリがありませんよね。さて、そこで残ったお金の使い方でお金が増えるかどうかが変わってきます。

    ほとんどの人が、残ったお金は貯蓄するでしょう。しかし、ただお金を貯めるだけではお金は増えて生きません。お金をしっかりと理解している人は〝資産運用〟にあてることでお金を増やしているのです。「資産運用なんて、リスクが高い」という意見もあるかもしれませんが、最近ではリスクが低く、個人向けの資産運用などもあるので自分にあったプランを選ぶことができるのです。

    生活を送る、今この瞬間でもお金は使われてます。生きるためにも必要なお金を、将来に向けてしっかりと増やしていくことで、自分をはじめ大切なパートナーや家族を養っていくことが出来ますよ。この機会に、資産運用について勉強してみてくださね。

    資産運用の入門サイトはこちら
    資産運用の基本をマスターしたい方に適したwebサイトです。

  4. 老後の生活に安心をつくる年金

    Posted on 12月 2nd, 2014 by admin

    日本は、将来、少子高齢化が進むようになることから、公的年金を支給額が減ってしまうようになるといわれています。また、公的年金の支給年齢が上昇するようになることから、今後、年金への不安が高まるようになるようです。

    公的年金では、老後の生活において安心できるような年金づくりが必要となるのですが、将来において困ることのないしっかりとした資金形成が必要とされるようになっています。

    いま公的年金不安を解消する方法として、銀行預金の活用や私的年金の活用が行われるようになっています。しかし、これらでは金利の低い状態が続いていることが影響しているため、このような方法では、効率よく資金を蓄えることは難しいようです。そのことから、もっと効率よく資金を作る方法として投資の活用が注目されるようになっています。

    投資であるなら、大きな資金を作ることできるようになります。しかし、投資は一般的にリスクが高いことが問題とされていることから、比較的にリスクが少ない積立で行なう積立投資への関心が高まるようになっているのです。

    積立投資であるなら、毎月決めた金額によって投資を行なうことから、安定した資金づくりができるとして人気となっています。この方法であるなら、老後の年金に安心をつくることができるようになるといわれています。

  5. 将来の生活にゆとりをつくるマンション投資

    Posted on 11月 13th, 2014 by admin

    将来における年金不安が高まるようになった日本では、公的年金だけではゆとりある生活とはならないとされています。これから日本は、公的年金支給額が減ってしまい、さらに、年金支給年齢が上昇するようになるといわれています。

    そのことから、老後の生活においてゆとりをもつために、自分で生活資金を作る必要があるのです。しかし、景気があまりよくない日本では、金利が低い状態が続き、高い利息が期待できないため、預金によらない方法によって資金づくりを行なう必要があるといわれています。

    最近は、大きな資金がつくれるようになるといわれている投資への関心が高まっています。投資は、一般的にリスクが高いことが問題とされていますが、いま比較的に安心して資金がつくれる不動産投資への関心が高まるようになっています。

    不動産投資は、バブル時代によく行われてきた方法ですが、バブルが崩壊してからは、売買による利益が期待できなくなったため、マンションを賃貸して収益を上げるマンション投資が人気となっています。

    マンション投資では、毎月決まった金額が入るため、安定した資金づくりができるようになるといわれています。そのことから、今後、将来の生活にゆとりをつくる投資方法として活用されることが期待されています。

  6. お金に好かれていますか?

    Posted on 10月 30th, 2014 by admin

    お金に好かれる人になるための努力をしていますか?お金も人と同じで、信頼の置ける人に集まってくるといいます。つまり、誠実な生活を送って、コツコツまじめに働くことでお金もちになれるのです。

    お金もちは、何もお金をたくさんもっていることだけを言いません。お金本来の価値も知らずに、ただただお金をつかっている人は、消費社会に飲み込まれただけにすぎません。本当のお金もちはお金の価値を理解して、流れを常に把握している人なのです。

    お金の価値は、需要と供給のバランスがとれているときに決まります。どちらか一方の力が強いだけでは、お金の価値は低くなるのです。そのお金の価値について取引されるのが市場です。中でも株式投資は、もっとも基本的な投資で、企業が発行した株を売買することで利益をてにすることができます。

    今では、少額から株式投資をすることができるので、無理せず投資をスタートすることができます。このようなメリットから、最近主婦やパート勤めの人にも株式投資が人気があるようです。不景気が続く中、市場には追い風が吹くのはこのような背景があるからなのでしょう。

    株式投資で、夢の生活を手にして明るい未来を叶えたいものです。

    投資のリスクについて学ぶならhttp://www.nmblifeguards.com/が人気のサイトです。

  7. インキュベーションによってファンドが作られる

    Posted on 10月 5th, 2014 by admin

    日本国内を含め、世界には多くの投資信託というものが存在しています。その種類の一つとして、常に純利益を求めるヘッジファンドというものがあります。ここでは、このヘッジファンドの設立がどのようにして行なわれるのか、ということについて考えていきたいと思います。

    ヘッジファンドの設立というのは、インキュベーションという投資活動によって行なわれる事が多くあります。これは金融機関などがヘッジファンド設立のために必要なものを揃えることで、実際に自分達の配下としてのヘッジファンドを作り上げることを言います。

    具体的にはまずシード資金と呼ばれるものが必要となります。ヘッジファンドは実力主義のファンドである以上、実績がない場所に投資を行ってくれる人というのは極少数であり、いきなり投資を元にした資産運用を行うことは出来ません。そのため、まずは実績を作成するための資産運用の資金というものが必要となるわけです。これをシード資金と呼びます。

    さらに、投資活動を行うために必要なインフラストラクチャーについてもインキュベーションとして取り揃えられることになります。ヘッジファンドのような高度な投資を行うためには、必要となるシステムも高度になります。

    金融資産を増やすために知っておきたいこと